最後まで決してあきらめない!!
大学生磐田サポによる日記です。熱く応援、クールに分析がんばってます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが日本代表、これが韓国代表
日本0?0韓国


5PK6


負けても悔しくない。韓国が勝ってホットした感じ・・・
日本は負けてよかったかもしれない・・・
勝っていたら誤解して間違った方向に進んでいたような気がする。

試合は両チーム疲れを見せながら進んでいきました。
前半は5分5分。両者譲らず、0?0のままハーフタイム。
後半は両チーム、疲れがプレーにも表れてくる。
しかし、韓国の選手が退場したことで日本が有利に試合を進めるも韓国の厚い守備を打ち破ることはできず・・・
ロスタイムに佐藤が決定機を決められず延長戦へ。
1人少ない、韓国は疲れきって、ボールも普通に蹴れない選手も出てきた。日本は中盤フリーでボールをもてるもDF金珍圭とGKイ・ウンジェが好プレーで日本の攻撃を凌ぐ。
延長後半には羽生に超決定機が訪れるもDFに当ててしまい点がとれず、勝負はPK戦に持ち込まれてしまう。
日本は5人とも危なげなく決める。
韓国も強いシュートで川口の手に当てながらも5人決めてくる。
6人目、韓国は成功。
日本はキッカー羽生・・・おもいっきり打ったシュートはイ・ウンジェの右手に跳ね返される。
試合終了・・・

ここまでは感情はいれずに書きましたが言いたいことはたくさんあります・・・
まず、羽生。出てきたときから期待はしてなかったけどやってくれた。
特に延長戦のボレーみたいなのはコース狙えば入るじゃん・・・
思いっきり打って、真正面のDFに当てるなんて・・・
確かに思いっきり打って、決めればカッコイイけど外すリスクは増える。がっかりというよりあきれた。

そして、オシム。
もうくどいようだけど・・・
なんで太田出さないの??
羽生が外すたびに怒りが増しました。
延長戦、3人目の交代がされるまで太田がでることを願ってましたがインドネシアまで祈りは届きませんでした・・・
遠すぎましたねw
太田選手には結果とか気にせず、胸を張って磐田に帰ってきてほしい。川口選手も同様。きっと暖かい、磐田の人々が待っているはず。

文頭にも書きましたが負けてよかったと思います。
簡単に言えば負けて悔しい想いをしたほうが強くなると思うということ。
オシムサッカー定着はまだまだかかりそうです・・・
あと3年ですよ


最後に韓国。
予選リーグから大苦戦、決勝Tではノーゴール、さらに今日は選手、監督がそれぞれ退場(退席)。
だけど予選免除となる3位をとりました。
逆境に対する精神力は日本を大きく上回りますね。
金珍圭のプレーもすばらしかった。
将来、前田や太田と戦う姿がみたいです。


まあこれでアジアカップが終わりました。
よってJリーグ再開です。
今日からテンションあげていきましょう!!
スポンサーサイト
はいおしまい
日本2?3サウジアラビア


得点者: 日本)中沢 阿部 サウジ)ヤセル マレク2


負けましたね。
日本の連覇は終わりましたが記録というものはいつかは途切れ、抜かれてしまうものです。
そこを悔やむ必要はありません。
もっと他に悔やむべきところがあったはず

試合は日本ペースで始まりました。しかし、サウジの早いプレスに決定機を一度も作れず、後手に回ってしまいました。
1点を先制されて、同点にすぐ持ち込みましたが後半始まって勝ち越しを許す、ここでもすぐに阿倍のゴールで同点に追いつきましたがまた失点。後手に後手に回った結果最後は追いつけませんでした。
こう振り返ると、前半の立ち上がりリズムを掴んだときに得点できなかったのが痛かったです。
序盤からもっともっとシュートの意識が必要だった。
そして、2度にわたる同点ゴールを全くいかせてませんでした。
パチンコに例えれば、2つの同点ゴールは単発大当たりのようなものでゴールによって流れを引き寄せ、さらにゴールをといったような確変にはもっていけませんでいた。
さらにもう1つだけ言いたい!

太田だせよ・・・俺はずっと待っていたよ
采配にも疑問
1人目の交代、巻→佐藤。高原が相手のマークで仕事をさせてもらえない分、巻の高さがよく生きていたと思う。巻自身も調子良かったと思う。ラストのパワープレーで巻がいればターゲットになったのではないかと思う。
2人目、羽生。カタール戦で決定機外したじゃん。なんでまた?太田は囲まれてもすり抜ける力もってるからスペースがなくても走り回って、チャンスを演出してくれたのではないか・・・羽生のいいシシュートがあったかもしれないが入ってませんw
3人目、矢野はまあわかるかな。巻がいないからパワープレーのターゲットでしょう。役目を果たしていたかはどうだか

3位決定戦は韓国とやるようです。
本当にお願い

太田VS金珍圭 がみたい

川口がいる限りPK戦で負けることはない!!
日本1?1豪州


4PK3



得点者: 日)高原 豪)アロイージ


川口は本当に神ですね!圧巻です。
オーストラリアを破ったので3連覇が大きく見えてきました!
ただ残る2戦、実力は上でもサッカーは何が起こるかわからない。
油断はできません!!!

試合は均衡が長く続き、1点取ったほうが勝つのではないかと思った人も少なくなかったでしょう。
しかし、その1点を取ったのはオーストラリア。
ゴール前、フリーにはさせてなかったけど詰が甘く失点!!
残り時間も少なかったのでここでおわったと思った人もまた少なくなかったでしょう。
しかししかし、3分後!!
我が高原!ゴール前の敵のミスを見逃さずボールを奪い、相手が寄せてきたところ鮮やかな切り返しで交わし、シュート。
ポストに当たったが気持ちで勝っていたのかそのままゴールに突き刺さる!!1?1同点!!
勝負は延長戦でも決着つかずPK戦へ。
1本目、2本目川口が完璧に読みきりセーブ!!
川口の雄たけびを見ていると涙が出そうになりました。
4本目、高原が決めれば勝ちというところでふかしてしまったのはコケましたが5本目、中沢がきっちりと決めてくれたので良かったです!!

勝利!!

中沢、川口と抱き合って喜ぶ選手たち!!
これもまた感動でした!!

また、評論家にインタビューしてみました。
最初は前回同様川口ファンに

Q、川口PKセーブの要因は?

川口がすごいから。カッコイイから。神を超えたから。

続いて浦和ファンのひとに聞きました

Q鈴木の動きは?

途中マークの確認ミスがあったけど要所で相手の攻撃をつぶしてくれましたがもうちょっと攻撃の選択を増やしてくれたら・・・
なので(10点満点で)6点かな

Q高原の評価は?

ゴールがやばすぎる!ターンがハンパない
PKは入れてほしかった


やっぱ高原と川口はすごい!!
そして誇らしいです。
この勢いで次のサウジアラビア戦に望んでほしい

高原2発!日本UAEに快勝!
日本3?1UAE


得点者: 日本)高原2 中村 UAE)アルカス


快勝って言うほどでも無かったですけどね。
なんとか勝ち、Bグループ首位に立ちました。

試合は日本が前半から支配し、チャンスも作りました。
前半22分、27分と立て続けに高原のゴール!!
いっきに試合の流れを引き寄せました。
前半終了間際にも微妙な判定でPKをゲット。
これを中村が決め、3点差となり前半終了。
日本にとってはこの上ない結果だったと思います。
しかし、後半は一転、支配は続けるもののボールのとられ方が悪く、カウンターでピンチを招いてしまう。
後半21分に中村憲が中盤でボールを奪われカウンター。
DFの枚数が足りず、失点!嫌な流れとなってしまう。
その後も危ない場面がいくつかあってが川口のファインセーブなのでたすかる。
ここらへんでUAEに2点目を与えていたら勝利はなかったかもわからない。
残り時間が少なくなるとUAEも運動量が落ち、日本がボールキープに入る。
そして勝利!!
後半1点は失ったもののいい試合運びだった。

この試合は日本にツキがありました。
PKがそれを物語っていますがそのほかにもどっちともとれるファールが日本ボールになってくれたりしました。
高原の実力は本物ですね!
ジュビロが育てた選手だと思うとうれしい限りです!!
この試合、地味なポディションながらがんばっていたのが両サイドバックの加地と駒野、相手との駆け引きの中、常にいいポディションを確保していたと思います。

俺からはここまでで
この試合は俺の元中の川口ファンにインタビューしてみましたw
ちなみに巻も好きらしい

Q失点シーンは防げなかったか?

お前の身になにが起きてそんな血迷ったことを・・・
あれを弾ききるとかどんだけだよ
触れただけでもすげーよ
(川口は)ファインセーブもあり、安定感が抜群だった。

Q高原2得点、巻は無得点ですが

高原はヤバイ!得点王をねらってほしい
巻がいたから高原がいきたんだぞ


感情がこもった言葉が返ってきましたw
川口のほうは納得できますが巻は・・・・

エジプト戦に勝って1位で通過しましょう!!!!



オシム激怒で何かが変わる明日  UAE戦
カタール戦後、オシム監督が激怒したそうですね。
お前らはアマチュアだと。
同点にされたFKを与えた、阿部には名指しで注意したそうです。

昨日の練習でもオシムの怒りは収まらず18分間の緊急ミーティング。
高原のすばらしい折り返しから生まれた決定機を外した山岸には「お前があそこで落ち着かなくてどうするんだ」と説教し、他の選手に向けても「点を取らないと罰が下る」「つなぐだけがサッカーじゃない。(危ない場面では)蹴って(外に出して)もいいんだ」と強い口調で説いた。とのことです。

正直、山岸がふかしたときはW杯の柳沢を思い出した!
こっちも見てて、あきれた!!
ただ阿部のファールは責められないと思う。
1試合に1点ぐらいは事故的な失点は起こりうるもの、それがたまたま1点リードの後半43分に阿倍の犯したファールによって起きてしまったに過ぎない。
1?0で逃げ切るのならDFの枚数を増やし、1人相手の司令塔やFWにマンマークさせるべきだったと思う。
オシムの激怒で日本チームが目を覚ますことを願う!!

そして、太田が見たい!

カタール戦の記事がただ試合を振り返っているだけで全く面白くないので今度は少し工夫します。
高校や元中に日本代表評論家がたくさんいますので感想とか聞くことを考えています。

copyright © 2006 ブログの素材屋さん all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。